自己PRや志望動機が思いつかない。うまく言えない。

スポンサーリンク

自己PRや志望動機が思いつかない。うまく言えない。

不動産事務リカさん

不動産事務に興味があるんだけど、履歴書の自己PRや志望動機欄になんて書けばいいのか分からない。また、面接のときになんて伝えるのがいいのか、不安に感じてる。という人がかなり多いようです。

 

Yahoo知恵袋何かにも「こう言おうかと思うんです、チェックしてください」という投稿が複数見つかりました。もしかしたら、言い回しとか自分の動機に近いものがあるかもしれないのでチェックしてみましょう。

 

ついでに採用面接で聞かれそうなこともまとめてみました。

 

不動産事務の志望動機 5つ

志望動機は、面接の場ではっきり答えられないと印象が薄くなってしまいマイナスになってしまうので、しっかり説明出来るようにしてください。

志望動機 例1

正社員として長く責任ある仕事をしたいので、事務職としてスキルアップしてきました。チャレンジする機会が多い貴社で更に業務の幅を広げ、成長していきたいです。ホームページに掲載されていたデザイナーズアパートはどれも素敵で、お客様との橋渡しのお手伝いが出来ればと感じ、応募させていただきました。前職で培ったおもてなしの心も皆様とのやりとりの中で生かしたいです。お客様や皆様に貢献するため、資格取得にも励みます。

アドバイス

本当にそう思ってるのかもしれませんが個人的には、自身の成長に重きを置いているようであまり良い印象は受けません。自分が成長するはすなわち会社の貢献につながることなのでしょうけども、自分の損得ばかりを考えているようで、嫌らしい感じがしてしまいます。志望動機で必要なのは、何ができるかをアピールする事です。私は、何の業務を何年しました。そこでどんな努力や工夫をして、どんな成果あげたのか、またどんな能力、スキル等を身に着けたのか。そういった今まで得てきた経験で御社に貢献をしたいといったように書くと良いでしょう。

 

志望動機 例2

幼い頃から広告の物件や色んな家を見ることが好きで、いつかは不動産業界に携わる仕事に就きたいと考えていました。不動産業や事務職は未経験ではありますが、“不動産売買実績NO.1”と言う信頼のある貴社で是非働きたいと思い志望しました。

アドバイス

簡潔かつ若い女性らしさも感じられて好ましいと思いますのでいいと思います^^ 強いていうならば、熱意と志望動機を裏付ける具体的な何かを書くことができればより良いと思います。

 

志望動機 例3

貴社のプロジェクトによって不動産から街がつくられるということを体感しました。このように人々に影響を与えられる貴社を志望したいと思いました。前職で培った営業経験で貴社の営業の方々を支えていきたいと思っています。

アドバイス

影響力に感銘しているのに、今までやってきた営業ではなく何故事務でサポートしたいのかにピンときません。たとえば、自分が長く営業をやってきて、事務に助けられたこともあれば改善すればもっと活躍できると思ったこともあるでしょうし、今度は自分が事務側として、営業と一体になって目標を達成したい、などという、より前向きな動機も抱けるでしょう。また、そのような動機を活かす場として、街づくりにつながるような、スケールの広がりを感じる仕事を選ぶ、というのは、説得力があるような気がします。

 

志望動機 例4

これまでにデータ入力や営業アシスタント、電話対応業務を経験し、他部署と連携を取り合いながら業務を進めていく力を養って参りました。ワード・エクセルを使った資料作成なども経験してますし、パワーポイントを使用したプレゼン資料作成も可能です。その事務経験を生かしたいと考えて、今回志望致しました。また、世界遺産などの建築物を見るのが好きで、そこから日本で行われている都市開発に興味を抱くようになりました。御社ではダイナミックな都市開発、街づくりの実績があり、そのような事業に携わる事で、今までになかった自分の見識を広げていきたいと考え、志望致しました。

アドバイス

内容的にはご自身の経験上の強みなどをそれなりにアピールできているのではないかと思います。ただ、あと一歩もうすこし強みになるものが欲しいです。連携能力やアシスタント業務が主ならこれで通じると思うのですが、、、不動産関連業種は男性的縦社会の風潮が強く、いろいろな意味で精神的なタフネスがアピールできたほうが良いです。(冗談抜きでお酒の場も多いので肝臓が強いとかは大事です)

 

志望動機 例5

宅建を自習しています。業法はわかってきたのですが、民法がまだわかりません。不動産の実務経験も将来のために積んでおきたいと思っています。 真剣に不動産業、宅建と向き合い、仕事を覚えたいです。 就業時間後に、宅建の質問に答えてくださるようなアットホームな不動産事務所を探しておりました。

アドバイス

会社を勉強の為、将来のステップアップの為に利用するだけで何をしたいのか、どれだけやる気があるのかが伝わってきません。自分の勉強や経験の為に採用して下さいではマイナスの印象を与えるでしょう。経営する側なら会社に役立つ人材が欲しいのは当然で現在その能力や経験がないなら、それを補う前向きな努力をする姿勢は最低限必要です。不動産という大きなそして責任ある仕事に携わりたいとか、あなたや家族、友人などが不動産にかかわることでこれこれこういう経験をして非常に魅力ある仕事だと思ったとか接客が好きなのでこの仕事で自分自身を活かせると思ったとか自分なりの熱い思いをぶつけましょう。

 

不動産事務に興味を持ったのは何故??

不動産事務リカさんアドバイス

不動産事務の選考に進んでいらっしゃる貴方。

 

さて、あなたが「不動産事務に興味を持ったのはどんなことが理由?何がキッカケ?」←自己PRや志望動機はこんなことを考えてみると良いかもしれません。世の中には沢山の仕事があります。何故、それらに比べて不動産の事務を良いと思われたのでしょうか?この仕事に適正があるかどうか今のタイミングで考え直してみてもいいかもしれませんね。不動産事務の向き不向きについては勿論、そもそも自分がどんな仕事に向いているのかなど…(^。^)

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5017094850294673"
data-ad-slot="5578331831"
data-ad-format="auto">

 

不動産事務アピールできる自己PR 3つ

自己PRは、直接仕事内容に関わる事でなくても、仕事に対する取り組み方、他人からの評価、コミュニケーション能力があるとか、資格を取る為にどれだけ頑張ったとか、自分の良い部分を沢山思い出してみてください。その中から、志望している職種に結びつく事があれば、大いに自分を売り込むチャンスです!

 

自己PR 例1

現職では開発に関するデータベースの登録、管理を行っております。扱う書類はどれも機密性が高いものなので、ダブルチェックを欠かさず行い、入力の正確性には気を使いました。事務職として始めての業務が多く最初は戸惑う事もありました。しかし、職務を全体像で捉え細かく分析し、粘り強く考えました。備品の管理や簡単な経理業務など仕事の幅を広げているうちに、頼りにされる事も増えていきました。一つ一つ責任感を持って迅速に対応し、貴社の成長に貢献したいと思います。

アドバイス

大事なことばかりだと思いますが聞き触りの良い言葉のチョイスが逆に嘘っぽく感じます。全体像でとらえ、細かく分析、粘り強く…それっぽいけど、何を言ってるかいまいちイメージできません。例えば…「私は、業務の中で、正確性を大切にしながらも、納期を守るよう心掛けて働いております。誤りが生じないようダブルチェックをすることや見やすさや混乱が生じないようなリストや表を作るなどの工夫をしております。備品管理や設備の改善なども企業の資産を守ることととらえ、自身の業務がどのようにかかわるかを考え、一つずつ丁寧に実施していきたいと考えます。」などの方が分かりやすくないですか?

 

自己PR 例2

相手の話をきくことと正確な事務にこだわっています。お客様は高齢の方が多いため真摯にお客様に向き合うことでお客様との信頼関係を築いて商品購入に繋がることが多くありました。また、前職はお客様の大切な資産を預かる業務でありミスが許されないため、再鑑することを徹底し、事務が改定されたり新訂されたりするとマニュアルを読み込み徹底したりと、ミスをしない正確な事務を遂行してきました。今までの営業経験を活かし、貴社の営業事務として、営業職の方のサポートをしていきたいと思っております。

アドバイス

まず、事務であっても「営業をサポートする」という考えは消極性や受け身の姿勢を連想させますので控えたほうがいいと思います。その上でなんですが前職の仕事の細かい部分より、営業経験をどう活かすかを書いたほうがいいかもしれません。

 

自己PR 例3

私は責任感が強い性格で、集中して仕事をこなすタイプです。前職のwebデザイナーアシスタントでは常に迅速かつ正確さを心がけ、多くのクライアントHPを任せていただけるようになりました。事務は未経験ですが、webデザイナーの経験からPCは得意です。また接客業・コールセンター勤務の経験もあるため、接客・電話応対にも自信があります。今までの経験を生かして働くことができます。入社後も資格など勉強を続け、御社に貢献し、正社員を目指します。

アドバイス

文の流れを意識して添削してみました。「私は几帳面な性格で整理整頓が得意です。また慎重に集中して仕事をこなすタイプですので、失敗やミスは無くほとんど経験がありません。前職のwebデザイナーアシスタントでは、正確・迅速・丁寧を心がけ、○○のサポートとして来客応対や資料作成、クライアント様のホームページ作成に携わりました。パソコンに関しては一定のスキルを有し得意分野です。他方、同僚の勤務シフトによる突発的な休日交代も積極的に行い、仕事に対する責任感も人一倍あります。」 どうでしょう?

スポンサーリンク

採用面接で聞かれること

サンプルサイト

採用の仕事に携わっている人から面接でどんな質問をするのか聞いて、まとめました。

≫詳しくはコチラ

会社選びで気を付ける事

気を付ける

不動産会社でよくある問題点とそれを事前に見抜く方法を3つのポイントにまとめてみました。

≫詳しくはコチラ


スポンサーリンク

data-ad-client="ca-pub-5017094850294673"
data-ad-slot="5578331831"
data-ad-format="auto">



 
HOME